歯の美的通信

-東京の歯科医療チームの日々の診療録です-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お口の中の潰瘍!口内炎?大丈夫? ■Dr.S・J■

↓人気ブログランキング↓
人気ブログランキング

あなたのワンクリックが我々の励みです! 


■DrS・Jの前回の記事■「親知らずを抜く■Dr.S・J■」


こんにちはチーム・デンタルアルケミストの Dr.S・J です。

きょうも晴れ間ののぞくさわやかな一日でしたね。

今回は、季節の変わり目もありますが、最近、口内炎の患者さんが多くみられます。
いらっしゃる患者さんは口内炎が心配なのではなく、
口腔癌(コウクウガン)ではないかとの心配でいらっしゃるようです。
確かに多くの症例を診ていると、時としてそれらしいこともあるのも事実です。
お口の中は比較的、自分自身で見つけやすいところですからね。

口内炎についてお話をさせていただきたいと思います。
口内炎は誰しもが一度は経験したことのある、お口の中にできる潰瘍(カイヨウ)です。
また、口内炎は意外と軽く見られがちです。

ところが、ただの口内炎でないこともあるのですよ!


この口内炎には一般的に

主にウイルス感染によっておきるもの



歯並びや咬み合わせが原因で、お口の中に傷を作ってしまうもの


とがあります。


ウイルス感染によっておきるものは、一般にヘルペスのようなウイルスによるもので、
季節の変わり目などの体が疲れたとき抵抗力の落ちたときに発症しやすいようです。
この口内炎は全身性の疾患の一部の症状として、
お口の中に現れたものと、考えてください。

症状としては 
まず水疱(水ぶくれ)がいくつも出来、それがつぶれて潰瘍になるものです。

ですから、口内炎も一つではなく、複数個できるのが、一般的です。

少し熱の出ることもあります。
症状がひどい場合には、お食事がとれないなど、全身的な体力低下にもつながり、
ときとして、入院などによる全身的な対応が必要となることもありますので注意が必要です。

次に、一般的な口内炎としてイメージするものですが、
傷によって出来てしまう口内炎の場合。
ほとんどが、その口内炎の近くに、直接的に原因となっている傷を作ってしまうような、
歯や突起物、障害となってしまうものが、あると考えられます。


通常、問題がなければ、1週間から10日くらいで治ってしまうものです。

しかし、ここで問題となってくるのは、

歯並びや咬み合わせが原因で、口腔内に傷を頻繁に作ってしまうような場合です。

これは障害となるものにより、刺激が何度も繰り返し加えられることにで、
普通の口内炎の潰瘍から、悪性の腫瘍(口腔癌)による潰瘍との鑑別が必要となることがあるからです。

このような心配をしないためにも、よく注意していく必要とともに、
原因を取り除いておくべきだと考えられます。

今年、相撲の二子山親方が口腔癌でなくなってから、相談にいらっしゃる方が多くなりました。
お口の中の傷は外の傷のように乾燥させられないために、治りは比較的ゆっくりです。
それでも、通常1週間から10日くらいで治癒するものです。

もし、心配でしようがない方、すっきりさせたほうがいいですよ。


将来のお口に不安をお持ちでしたらぜひ、ご相談下さい。



◇タナカ歯科クリニック◇
東京都北区滝野川7-23-5(JR板橋駅3分)
http://tanakadental.fte.jp
  ℡:03-3940-8241
●お問い合わせメールアドレス●
lowe@abox23.so-net.ne.jp

 ●お気軽にご相談ください●
---------------------------
   ブログ担当医
  月曜 Dr. Jaw
  火曜 Dr. Kid
  水曜 Dr. Baby
  木曜 Dr. Jaw
  金曜 Dr. S・J
  土曜 Dr. Kid
  日曜 Dr. S・J/Dr. Baby
---------------------------


-------------------Team Dental Alchemist-------------------
              ■過去の記事■


 Dr. Jaw
「檻の中の歯医者さんパート1」 
「檻の中の歯医者さんパート2」 
「これだったら噛めそうだ!!」 
「美容外科は医療に必要? パート1」
美容外科は医療に必要? パート2■Dr.Jaw■

 Dr. Kid
「予防ってなに?ホントの予防歯科」 
「早期発見早期治療のワナ」 
「R25世代の女性の為の細菌学的美容歯科」 
「予防歯科の実際―虫歯探知機 ―」
「予防歯科の実際 虫歯探知機②」
「恐ろしき今時の研修医とこれからの暗い歯科医療■Dr.Kid■」
銀歯を自分の歯の様に・・・トンネルプレパレーション■Dr.Kid■

 Dr. Baby
「ハイブリッドセラミックブリッジ」 
「Dr.Baby -診療録- ①」 
「スタッフの治療をして感じたこと■Dr.Baby■」
「もしかして思春期?お口の中に変化が・・・!■Dr.Baby■」
20代前半以下の年齢の方達に迫る危機!!■Dr.Baby■ Dr. S・J
「季節の変わり目です、みなさん体調はいかがですか?」 
「騙し続けられるか親知らず? =親知らず有効活用法 =」 
「矯正治療と笑顔」 
「口腔ケアを軽く考えている人、考え直しましょう」 
「■Dr. S・J■-4歳小児患者からの考察-」 
「肺炎と「口腔内の病原性細菌」の関係とその予防■Dr. S・J■」
歯周病-エムドゲン・PRP療法-を用いて■Dr.S・J■
親知らずを抜く■Dr.S・J■


     @2005 Tanaka Dental Clinic. All rights reserved.@
-------------------Team Dental Alchemist-------------------



読んでくださってありがとうございます
人気ブログランキング

↑「病院・診療所 ランキング」です↑
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2008/08/04(月) 07:13:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2008/08/25(月) 05:23:07 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。