歯の美的通信

-東京の歯科医療チームの日々の診療録です-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期発見早期治療のワナ

皆さんは早期発見早期治療ってよく耳にしませんか?

昔から早期発見早期治療ということで歯医者さんに定期健診に行きましょう!と言われていませんか?

さて早期発見早期治療ってどういうことでしょうか?

それは、早めに見つけて早めに処置する、ということでしょうか。まあ、そのままですが。

でもよく考えてください!

ていうことは、つまり虫歯は進むよ、どこまでも~ってことじゃないですか!?

つまり言い換えると、虫歯が治し終わっても、また出来ますから早めに見つけたらあんまり削らなくてもいいですよってことです。

そうなんです、虫歯を治しても、また虫歯が出来ちゃうんです。

まあ、それは歯磨きしだいですね、なんて言葉もありますが。

だから僕らは早期発見早期治療、まったく無駄な言葉だとは思いませんが、虫歯が出来ること前提のようなこの言葉あまり好感が持てないでいます。

そこにいくと、虫歯を治して、時々いらしてくださいとアナウンスし、早期発見早期治療という定期検査の繰り返し・・・・本当に虫歯は治っているのですか?

虫歯というのは細菌感染症だとよく知られるようになって来ました。

細菌感染症は細菌を駆除しないと治らないんではないでしょうか?

そうです、虫歯を治して、時々いらしてくださいとアナウンスし、早期発見早期治療という定期検査の繰り返し・・・・これは・・・・・・

虫歯という細菌と口腔内環境が協力して溶かした穴を、何らかの材料で埋めて直し

細菌感染症にはさほどアプローチをしていないといった、

つまりは直したけど治してはいないというのが実情かもしれません。

だからみなさん、本当の意味での治るへのホントの第一歩、予防歯科の第一歩、

プラークコントロール、つまり歯磨きと、汚れが取れているか取れていないか?それを検証しながら取れるようにコントロールをしていく、衛生指導をおろそかになさらないでください。

めんどくさい、うざい、また歯磨きかよって言われるでしょうが、今は虫歯にしないためのコントロール法たくさんあります。

でもその第一歩が

このプラークコントロールです。

では、次回(土曜日)からは予防歯科の実際をクローズアップしていきます

◇当院のHP◇
http://tanakadental.fte.jp


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dental.blog27.fc2.com/tb.php/3-445cf566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。